刈谷市はどんなとこ?

愛知県のほぼ中央に位置する刈谷市。 西20km圏内には名古屋市があり、東側一帯には景勝の地も多い三河湾国定公園が広がっています。 市域は南北が13.2km、東西が5.8kmと南北に細長い地形で、西三河平野の西部、衣浦湾へと注ぐ逢妻川下流に面しています。

市内には、その逢妻川をはじめ、境川、猿渡川が流れ、市内のほとんどはこれらの川の下流に位置しているため、温暖な気候に恵まれています。

市の中央部にはさまざまな自動車関連産業の工場が並び、工業都市・刈谷の“顔”を形つくっています。一方、北部の丘陵地には国の天然記念物カキツバタ群落で知られる小堤西池や水と緑の美しい洲原公園などがあり、自然環境も保護されています。また、南部の田園地帯では機械化された近代的農業が進み、豊かなグリーンの空間を提供しています。